ISSYA Books

Design

さまざまな形を作る
生と死の境界線

  • Design
  • さまざまな形を作る 生と死の境界線

メインビジュアル

生と死をつなぐ境界線

黒の世界の雑踏に、ぽっかりと色彩が現れる。
色彩と黒の世界の間には、きっぱりと厳格な境界線がある。
我々は常に生と死の境を往来している。

 

表紙

降り注ぐ光

光の加減により花弁が舞うように模様が浮き上がる。
光は、黒の世界と色彩を平等に照らす。

 

装幀データ

表紙/裏表紙

CMYK+ホワイトの5色印刷。
白の文字はヌキではなく、すべてホワイトを乗せている。
降り注ぐ光を表現するため、
紙はエスプリVエンボス アラレという特殊紙を使っている。
細かい溝による独特の手触りを感じてもらえるよう
PP加工はしていない。

 

本文

文字は、フリーフォントのしっぽり明朝を使用。
平仮名が優しい印象のフォントである。

 

 

装幀:齊藤木 一紗
印刷・製本:株式会社明光社 STARBOOKS 様